© 2018 by GOOD for BEE, GOOD for YOU PROJECT.

​Q & A

発送時期はいつがベスト?

当店では基本的に秋の出荷しか行っていません。セイタカアワダチソウの流蜜で十分にミツバチが貯蜜を蓄えたあとの10月末以降が出荷適正時期です。(交配に間に合わせたい場合はご相談ください。)

 

ミツバチの評判はどうですか?

交配用・種蜂用ともにご注文いただいておりますが、ともに良い評価をいただいております。いちご交配目的で購入される方には「半年のうち1~2回はミツバチの交換を行っていたけれど、交換が必要なかった」、種蜂目的で購入される方には「10群購入したが10群とも採蜜群に育った」というお言葉をいただいたこともありました。もちろん、飼育状況に左右されますので全て同じようにはいかないと思います。貯蜜を十分に持たせること、新王のみの出荷であること、基本に忠実に育てています。

「ミツバチがいなくなる」「ミツバチが少ない」という噂を聞きます。出荷に影響はありますか?

生産は安定しています。それは静岡県の安定した気候や自然災害からの影響が少ないことと、できる限り最新の情報を仕入れることでの生産面の工夫が安定供給の理由と考えています。当店は仲介業者ではありません。生産販売ですので、出荷量は噂に左右されません。もちろん、油断はできませんが自然災害や新しい脅威となる病気が発生しない限りは100箱までは確実に出荷を行います。

価格が高くはありませんか?

適正価格と考えております。従来、ミツバチの生産現場では当然のように抗生物質が使用されてきましたが、当店では一切抗生物質を使用しておりません。抗生物質を使用する代わりに、病気が疑われる全ての巣を焼却処分し続けています。道具や巣箱も新しいものに更新し続けることで衛生面にも気を使っています。その分、目も手も費用もかかりますが、はちみつに抗生物質が混入するよりは良いと考えています。

 

 

 

 

そのほか質問や疑問など常に募集しております!